みるく専業主婦をクビになったってよ

結婚14年目のある日、専業主婦だった二児の母が突然旦那にリストラされました。もうV6しか信じられない。

世界は狭い〜♪

ショートさんが8月いっぱいの休みを終えて出てきた。

ショート&オーガラ コンビは小肥りで態度でかくて最強コンビ。


ショートさんって、人がミスりそうな仕事してる時はチラチラ見てて、
ミスりそうならミスった時に言ってくれたらいいのに、最後までチラチラ見てて、
一番最後にじーっと見てきて
「あれ、ちゃんと出した?」とか
「あれ、ちゃんと書いた?」とか…
ミスるポイントを突いて来る。


私が「はい、ちゃんとやりました(けど何か?)」と答えると、
舌打ちこそしないけど、微かに残念そうなんだよね。
「あらそう、ならいいけど」みたいな。


今日も完璧主義の私は、職員さんのミスまで指摘して完璧に仕事をこなし、余った時間でタンタンさんを手伝った。
番号を書き写した筈の書類をコピーしてきてあげたんだけど、ところどころミス発覚。
番号自体抜けてたり、番号の末尾が全く違う数字になってたり…の単純ミスだけど、このままだと次の仕事に支障が出る。

言おうかと思ったけど、忙しそうでテンパってたからやめておいた。
なにも言わずに直しといてあげた。

ショートさんも、私のことチラチラ見てる暇があったらタンタンさんを見てたらいいのに。
あの人に限らないけど、職場のパートさんみんな割と雑。
特にタンタンさんは若くて仕事が速いのをウリにしてるせいか、すごい細かいミスが多い。そしてそのミスに気付くのはいつも私なんだ。


なぜ分かるって、みんな人のミスを見つけると「なにこれ〜?」「なんでこうなの⁈」と大騒ぎをする。
職場は週替りで仕事の担当を回してるから、自分かもしれないミスを、とにかく大騒ぎして指摘する。

だからタンタンさんはラッキーだ。
私に見つけてもらって、こっそり直されてるんだから。


それにしてもみんな雑。例えばデスクの引き出しの閉め方とか、消ゴムのカスの散らかし方とか…。

あと、本当にものを知らない。
職場に出入りしてる弁当屋さんの、ダイエットメニュー見てて「ラタトゥイユって何?どんな食べ物?」とか言ってるし、
オーガラさんはファンだと言う割にはオーランド・ブルームの名前を全然覚えてくれないし、(いつも「ほれ、あれ、誰だっけ?私の好きな…」と私の顔を見ながら言う。)
インターネットやスマホを必要以上に怖がるし。(その割に私のスマホに興味津々)


バレーさん以外は、若いタンタンさんでさえ運転もできない人たちだしね。世界が狭いよ。


タンタンさんが来月家族でディズニーリゾートに行こうと計画立ててるんだけど、
まず車で行くか新幹線で行くか迷ってて、いろいろ意見を求められた時も
私は新幹線がいいって思ってるから勧めたんだけど、やたらとオーガラさんが反対してきて、
「新幹線なんて疲れるよ。やめなよ〜。」なんて言ってるから、
「でも(旦那さんが)楽だし、速いし時間通りに着きますよ」と言ったら、
「だってホームで待つの子連れで大変じゃん。座るところ無いし」


ん?
ちょっと待てよ?
「待つって、ホームで待つ時間なんてそんなにあります?」
「だって1時間以上待たされたよ!大変だったんだから〜。待合室もいっぱいだし」

…って、自分の経験談じゃん。
ほぼ時間通りに来る新幹線に乗るのに1時間以上早くホームに行くあなたが悪いんじゃない?

経験値低いくせに、経験に基づく意見しか言えないんだから。

アホらしい。


そんなオーガラさんですが、その日の昼休み後からだんだん顔が土気色になってきて、トイレに駆け込んで行きました。
仲良しのショートさんが追いかけて行ったら、嘔吐と下痢が一度に来たらしい。

私とタンタンさんは急ぎの仕事をしながら目を見合わせました。
確かお昼、昨日の煮物の残りをお弁当にして持ってきて食べてたからそれが悪くなってたんじゃない?って。
すぐに私とタンタンさんは「食中毒」という言葉が浮かびました。

けど、吐きながらオーガラさんは、ショートさんに「脳梗塞かもしれない」と訴えたそうです。

幸いビルの他の会社に看護婦さんがいて、血圧とかを測ってもらって大丈夫らしいと分かりました。看護婦さんの意見も、多分食あたりだろうって事で落ち着きました。

で、オーガラさんは今日はお休み。
心なしかショートさん淋しそうだったけどね。


数年前、ヘルパー2級の実習で行ったデイサービスにいたおじいちゃんおばあちゃんたち。
幼稚園児じゃあるまいし、次から次へ、はい体操ですよ、はいお風呂、はいお絵描き…みたいにやらされて、
せっかく楽しく絵を描いてても時間だからと切り上げられて。


なんかレクリエーションで行った事のある地名を言いあってた時、みんな全然どっこも行ったことないの。
海外なんかはたった一人。
それも戦争で。

国内だって近場しかないの。
おじいちゃんやおばあちゃんたち。
思い出しちゃった。


この人たち、ああなるんだろうな。
オーガラさんとショートさんは時々バスツアーとかに申し込んだりしてるけど、せいぜい隣の県。
世界が狭いんだな。

なんかそれなのに、タンタンさんに意見ゴリ押しし過ぎ。

ディズニーならこの中では私が一番行った回数多いんだから‼


なんか、オーガラさん明日も (もう今日だけど) 休めばいいのにな。

ショートさんは意地悪だし仕事が遅いし口が臭いけど(笑)、オーガラさんいると話しも何もしっちゃかめっちゃかになるもんね、まだマシ。

人が病気になって喜んでるわけじゃないけど、
自分で作ったお弁当であたってしまったなら、日頃の行いも含めて自業自得というものです。

しかも旦那さんも2人の息子さんも、近くに嫁いでる娘さんも誰も迎えに来てくれなくてタクシーで帰ったんだって。
1時間以上かかるのに。


家族がいても、これじゃあね。